あとで悩まない為の給湯器の選び方を、まとめました。
皆様のお役に立てれば幸いです。


エコキュート

ヒートポンプ給湯機。空気から吸収した熱を夜間電力で圧縮・高温にし、1日分のお湯を深夜に沸かして貯湯するシステムです。
冷媒として自然界に存在するCO2(二酸化炭素)を使用するため、オゾン層破壊や温暖化ガス排出の抑制につながります。また、昼間よりも割安な夜間電力を使用することでランニングコストも低減できます。
大きな貯湯タンクが必要となるので、狭小地では設置できないケースがあります。
エコキュートは電気、エコジョーズ・エコウィルはガス、という違いがあります。

エコジョーズ

ガス高効率給湯器。
瞬間式に必要な時に必要なだけお湯を沸かせるので、3ケ所同時使用や、2Fでもたっぷりのお湯を確保できます。エコキュートより省スペースで、設置場所も選びません。
エコキュートは電気、エコジョーズ・エコウィルはガス、という違いがあります。

エラーコード(エラーメッセージ)

予期しない状態が発生したとき表示されるメッセージ。所定の処理を続行できない旨をユーザーに通知する際に表示するものである。
給湯器でエラーが表示された場合、サイトでエラーコード表を公開しているメーカーもあるので参考にしてみるか、業者にエラーコードを連絡して対応を待ちましょう。

オートタイプ

給湯器のタイプのひとつ。
湯温と水位を設定しておけば、ワンタッチでいつでも簡単にお風呂にお湯をはることができます。
お湯がぬるくなったときは自動で追い焚きをしてくれますが、お湯が少なくなったときは「足し湯」ボタンを押して足し湯する必要があります。
他に「フルオートタイプ」があり、こちらは設定水位まで自動で足し湯をしてくれます。

ガス給湯器

ガス小型瞬間湯沸器・・・台所やその付近の室内に設置される小型の給湯器。
ガス貯湯式給湯器 ・・・予めタンク内に湯を沸かす方式。安定した温度の湯を供給できる。 3.3
ガス給湯器(瞬間式) ・・・一般的には戸建住宅では床置式・壁掛式が、集合住宅では壁掛式が普及している。給湯栓からの給湯のみの機能を持つ給湯単能機と、浴槽の追焚機能を合わせ持つ風呂給湯器、近年は温水暖房熱源付き風呂給湯器も販売されている。

強制循環型(設置自由型) 給湯器のタイプのひとつ。内蔵ポンプで浴槽の水を吸い込み、温めて送り込むタイプ。
設置場所が浴槽の位置に影響されません。据え置き、壁掛け、どちらも選べます。
他に自然循環型(浴室隣接型)高温水供給タイプがあります。
号数

お湯を「水温+25℃」にした時、1分間に何リットル出せるかという、給湯器の機能表示です。16リットル出せると16号になります。 号数は大きいほど一度に大量のお湯を出すことができます。
家族構成やお湯の使い方などで使用量は変わってくるため、ご家庭にふさわしい号数を選ぶ必要があります。 シャワーが勢いよく使えるかどうかも、重要なポイントです。

高温水供給タイプ

給湯器のタイプのひとつ。浴槽の水を取り込む機能がなく、追い焚きの代わりに約80℃の高温の水を送り込むタイプ。その分浴槽の湯量が増えます。
浴室の近くに設置する必要はありませんが、設置は壁掛け限定になります。
他に自然循環型(浴室隣接型)強制循環型(設置自由型)タイプがあります。

石油給湯器 石油(灯油)バーナーによる給湯器。
比較的容量の大きい缶を内蔵する半貯湯式もしくはセミ貯湯式と呼ばれるものが多かったが、現在は必要量だけその都度加温して利用する瞬間式(直圧式)もある。
パワフルな割に経済的だが、石油独特の臭いやバーナー作動音、大型の燃料タンク設備や定期的な給油が必要である。
自然循環型(浴室隣接型) 給湯器のタイプのひとつ。下の穴から釜へ入った水が温められて、上の穴から自然に出ていく2つ穴式。
機器は浴室のすぐ近くに設置し、据え置きにする必要がありますが、その分シャワーのお湯の出は早くなります。 ふろがまから容易にグレードアップできるのも特徴です。
他に強制循環型(設置自由型)高温水供給タイプがあります。
電気給湯器 大気から吸収した熱エネルギーが、熱交換器を介して給水を加熱しお湯を作ります。
割安な深夜電力を使い、貯湯タンク内に85℃程度に沸かした湯を蓄えて、昼間に給湯使用する。(昼間時間帯でも運転することは可能。しかし割安な電気料金プランが使えるので、タイマー制御等を用いて深夜電力時間帯に稼働するように設定する方式が普及している。)
設置場所では排気がなく、空気を一切汚さない。
即湯器ではなく貯湯式のため、貯湯タンクの設置場所が必要かつ給湯能力に上限がある。 水圧が低くく、ガス給湯器と同等に高めるためには別途加圧ユニットが必要な場合がある。(一部の機種では水圧が高い水道直圧式もある。)
フルオート 給湯器のタイプのひとつ。湯温と水位を設定しておけば、ワンタッチでいつでも簡単にお湯をはることができます。 お湯がぬるくなったときは自動で追い焚きをしてくれ、お湯が少なくなったときは設定水位まで自動で足し湯をしてくれます。
他に「オートタイプ」がありますが、こちらは足し湯ボタンを押さなければならなく、自動足し湯機能はありません。
ヒートポンプ給湯機 大気の熱を利用してお湯を沸かす、地球環境への負荷をおさえた仕組みの給湯機。
蒸発→圧縮→凝縮→膨張といったサイクルで、熱を取り込んだり、放出したりしてお湯を沸かします。実際に使うエネルギーは、私たちのまわりにたくさんある“空気の熱”を集めるのに必要なわずかな電力だけなので地球に優しい。
床暖房 床からの熱放射により、室温そのものは比較的低い状態でも体感的な暖かさを得ることができる。

○電気式:方法によらず電気をその熱源とするもの。主たるものとしては、発熱体(あるいは蓄熱体)を床材直下に組み込み、これに通電して加温する。立ち上がりが早いなどの特徴がある。
○温水式:外部に熱源を持ちそこで温水を作り、この温水を配管により床材直下に導いて床材を加温する。温度分布が均一であるなどの特徴を持つ。熱源はガスあるいは灯油(重油)等による。灯油(重油)式は燃料貯蔵設備が必要となる。

このほか、熱源が電気でもヒートポンプにより温水を作る、電気温水式も存在する。
浴室暖房乾燥機 お風呂場を換気して乾燥させる「浴室換気乾燥機」と、あらかじめ浴室内を暖める「浴室暖房」として使える設備。
換気扇は、風呂場の空気を外に追い出すだけの設備だが、浴室換気乾燥機は、ガスや電気の力で暖かく乾燥した空気をつくり、それを浴室内に吹き出すことで、お風呂場全体を乾燥させる。浴室を乾燥させる能力は、換気扇より数段上である。風呂場に洗濯物を干して乾かせたり、色々な用途に使える。
また、冬場は、あらかじめ浴室内を暖める「浴室暖房」として使うことも可能。
リース 機械などの物品を利用者に代わる別の企業が購入して、利用者に一定期間の契約で有料で貸し出すビジネスをいう。物品の所有権はリース会社にある。
主に高額な機械や、パソコンなどの情報通信機器の導入に利用されている。
レンタルとの違いは、リースはリース会社が契約企業の為に新品を購入するのだが、レンタルの場合はレンタル会社が既に所持しているものを色々な所に賃貸するシステムで、新品であるとは限らない。また、リースは契約期間中に契約破棄を行うと違約金が必要になる。
リモコン リモートコントロールまたはリモートコントローラーの略。機器を離れた場所から操作する信号を発信する機器。
▲このページの先頭へ